非日常的な風俗という空間での体験談を掲載しています。あの空間を体感した事のない方は、ぜひ風俗へ。

水着とパンストのデリヘル嬢に夢中になる

非日常的だからこそより興奮する、といった一面も風俗プレイにはあるかもしれません。冷静に考えてみれば、普段ではありえない格好をして相手をしてもらう場合もあるんですが、そういう時に限ってやたらと興奮するもんだから面白いもんです。

前にデリヘルで抜いてもらっときも、そういったプレイになりました。その時の相手の格好は、競泳水着にパンスト、なんてものだったんですが、普通ならばまずそんな格好をする機会なんてありはしません。水着を着るべき時と、パンストを着用する時、それぞれが噛み合わないわけですから。けれどもその組み合わせがやたらとエロかったことは否定できません。

競泳水着でしなやかな体のラインが強調されるだけでなく、パンストで今度は美脚っぷりまで強調されるからです。おまけにローションプレイをお願いしたので、そこにヌルヌルツヤツヤ感も混じって、なんてものでした。

それぐらいのもんですから、プレイ中は部屋の風景など目に入らず、デリヘル嬢の姿だけ目に焼き付けている、といた具合にとても夢中になってしまいました。さんざん興奮して抜かれたわけですから、気持ちよさもやたらと高かったのは言うまでもありません。

口の端から涎を漏らしながら丸呑みされて

可愛い顔した人ほどしたたか、なんてことはありますが、風俗プレイでもその顔に似合わないほどのしたたかなテクニックを披露してくる、なんて嬉しいこともあるもんです。ましてやそれが素人系の風俗店で起これば、うわぁすごい、といった感覚にはならざるを得ません。

素人系のデリヘル使ったときなんですけど、ウブそうで可愛い顔をしたわりには、えげつないほどの責めをしてくる人でした。口でムスコを責めるも、普通は手を添えられたりするもんですが、それもなかったのです。

それこそ口だけでホールドされて、グリングリンと動きまわされながら、抜かれることになったのです。見た目的には、サオごと丸呑みされている、といった具合の激しいものでした。もちろん気持ちよくないなんてことはあるはずがなく、そのまま吸い込まれる勢いで射精に導かれてしまいました。普段は最後の締めはやっぱり素股でお願いしたい、とはなるんですけど、さすがにこの時は締めも口で責めて欲しい、と思わずリクエストしてしまいました。

この時はさらに激しく、口の端から涎を漏らしながらのものでしたから、その見た目にもやられて、ものの数秒でイってしまいました。やたらと口技の上手いデリヘル嬢に、一本どころか簡単に二本も取られたわけです。

口で責めるのに夢中で上品さも崩れる風俗嬢

こないだのデリヘル嬢との風俗プレイは、お相手が口で責めるのが得意、なんて人でしたから、そういったものになりました。舌でレロレロ舐められたりとか、やたらとキスされたりとか、そんな感じです。上品な顔立ちのデリヘル嬢だったんですが、口で責めてくるときは濃すぎるぐらいのものだったので、それこそ表情も下品なくらいに変わってしまうほどでした。

例えば、全身リップで責めてくるにしても、その魅力的なふっくらした唇を思い切り押し付けてくるぐらいです。まるでタコが吸い付いてくるようですから、はしたないくらいの顔つきになっちゃっているわけです。

そして舌で責めてくるにしても、それを思い切り伸ばしながらのものですから、ホントに下品で卑猥なくらいの表情になってしまっているわけです。それにはこちらも感じないわけもなく、嬢のペースでどんどん高められて、ということになってしまいました。

なんというか完全に嬢にコントロールされてるような状態ですから、そのままこちらは悶えているしかなかったわけです。そんなに激しい責めでもないのですが、あまりにいやらしすぎて、濃厚すぎるくらいのプレイを堪能できました。